株八

全てを投資マインドで

大損の経験から学ぶ

なぜ大損をしたのか。

なぜ大金を失ったのか。

ある程度のまとまった金額を一気に失う事は

とてつもない精神的ダメージを受ける。

その金額をコツコツと貯めた思いがあればあるほど。

そして自分の失敗した投資行動を悔やむ。

別の事にお金を使っていればと

終わった事から逃げようと自分を責めてしまう。

 

もう戻って来ないお金がある。

コツコツと貯めたお金だった。

そのお金を手にした連中は確実にいる。

それは果たして勝負だったのか?

罠ではなかったのだろうか?

 

どうせなら物や不動産を買っておけば良かったと後悔しても

失ったお金と精神的なダメージは人にもよるが

とてつもない暗さとなってのしかかる。

 

もう大事にお金を使おう。

何らかの言葉や勧誘には二度とだまされない経験をしたと思えば良いのだ。

 

私は2度の大きな金銭的な失敗をしている。

どちらも違う種類の投資だが

精神的には相当に堪えた。

今でも時たま思い出して自分に自信がなくなる。

そういう時は、その時に聞けたある言葉を思い出す。

その人は言った。

「お金なら又稼げばいいじゃん」

そうだ。その通りじゃん。

お金なら稼げば良いんだ。

自分に合う方法で、自分の稼げる方法で。

お金なら稼げばよいんだ。

そういう思いで新しい生活に自分を投じてきた。

 

だけど失敗を繰り返さない事が大事なので

傷ついた心は無意味ではない。

この嫌な感情があるからこそ

二度と同じパターンの失敗には本能が働くようになる。

 

そして何を学んだかというと

自分が二度としない投資の種類があるという事だ。

投資の対象はいくらでもあるが

自分がしない投資の分野やジャンルがハッキリとしたのは幸いだ。

向いてない対象があると思えば、向いている残りに目が向く。

 

まず投資の対象や、それに関わる人間がいかに大切か。

投資というのは、その対象や関わる人間の徹底的な調査や審査を抜きに

語る事は出来ないのではないだろうか。

何でもかんでも、安いから、近いから、熱烈に勧められたからとか

ブームになってるからとか、大儲けした人の話があるからとか

一切反応できなくなった。それほどの釣り針に引っかかった思いがある。

 

儲かる方法は一つではないし、投資だけでもない。

誰もがバフェットになれる訳じゃないのだから

いかに自分が気分良く、工夫して楽しい成長を感じれる事に

時間とエネルギーを振り分ける事も十分人生の投資と言える。

 

バフェットは大損をした事がないのだろうか?

【ルール1】絶対にお金を損しないこと
【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと

このバフェットの方針は原本を守るという強烈な思いが感じられる。

そして損をしない為には相手や対象の徹底的なリサーチが必要だと

本当に本当に思うようになった。

調査に時間がかけられないなら、それは投資を辞める勇気も必要。

直感や本能や運だけでスピード決断は必要な事はあっても

それは普段からの膨大なリサーチや経験があっての事だろう。

大金が動くとされる投資においては直感は向いていない。

その直感はあくまでも自分の膨大な観察や調査や経験によるものだろうから

とにかく損をしないという事は、相手や対象に損をさせられないか

きっちりと判断を下すという事にほかならない。

損をするな。それを決して忘れるなというのは、行動や決断の前に

その相手や対象や環境で、自分のお金や時間が損をしないか

徹底的に判断するという事を意味するのではないかと学んだのだ。

 

お金は又稼げば良い。

その気持ちで自分の行動や時間について

投資マインドをもって生きて行こう。

 

そんな大損した時の事を思い出して

これからも何度も自分の新たな道を間違えないように

同じ事を何度も何度もブログにも書いていこうと思う。

 

損をしない。つまり原本を守る。

それを決して忘れない。つまり何度も繰り返し書き出したり読み込む。

それには自分の興味や情熱が沸く対象やジャンルへの

徹底的な調査やリサーチや経験を増やしていく。

そういった思いや行動を、この投資マインドのカテゴリーに

書いていけたらと思った。

 

バフェットの投資ルールだけでなく

【ルール1】絶対にお金を損しないこと
【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと

そこから自分の身を持って体得したルールを日々守ろう

【ルール3】原本の管理を徹底すること
【ルール2】時間と金額を使う対象の調査を怠らないこと

 

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)