株八

全てを投資マインドで

ハリル解任はブラジルWカップ惨敗の二の舞

「自分たちのサッカー」をやたら強調していた日本代表がブラジルワールドカップで負けてから

ほとんどのサッカー日本代表の試合を見なくなっていた自分だ。

やはり負けるチームは面白くない。親善試合や強化試合でなく、やはり4年に1度の本番で勝って欲しい。

それが応援する者、見る者の願いだという事をサッカー協会かスポンサーかサッカービジネス関係者は理解した方が良い。

監督は何の為に雇われるのだろうか。

地区予選を勝ち抜いて、本戦に出場するため。本戦で勝ってリーグ戦からトーナメント戦に進むため。

そして、そこに至までの練習試合や親善試合は、選手のコンディション知り整え、クラブで発掘した選手を試し、戦術を仕込む為であろう。

ハリルが問題だと言われても、ハリルの会見を見る限りにおいて、悪いのは日本側だと思った。

問題があるならば任命をしたサッカー協会側が途中途中でコミュニケーションを取るべきだった事だ。

それが突然そういった予告もなしの突然の解任だったという事がわかり

非常にまずいやり方をしていると確信した。

またブラジルと同じメンバーやメンツが惨敗して同じ事を言うのを聞かないといけないのか。

ブラジルで選手達が負けた後に何と言ったか。

「自分たちのサッカー」が出来なかったとやたら言っていた。

世界のワールドカップで何を言っているのだろうか。

レベル的には個人の身体能力や技術で負けているのは誰もが分かっている事なのではないだろうか。

勝てる方法は、個人の能力でなく、チームとしての総合的な戦いによるものでしか無いと分かってないのか。

たとえ日本代表に選ばれたとしても、世界のレベルでは追いついていないという自覚の元に戦うという根本を

全く理解していないガラパゴス精神のおこちゃまなのだろうか。いや海外クラブに所属している選手達が居てもそうだ。

なぜだろうか。やはりスポンサーというバックが付いた事による勘違いの始まりなのではないか。

監督の最大の権利は何であろうか。選手の起用だろう。

それがスポンサーの付いた選手達が自分達が起用されるように動いたら監督もひとたまりもない。

私達が見たいのはスポンサーやテレビ番組が推す選手ではない。

チームとしての勝利を見たいのであり、個人個人の活躍は勝利あっての注目にしか過ぎない。

どんだけスポンサーの力がある選手が活躍しても、チームとして負けたなら全く意味はないんだ。

監督は本当に大事だ。戦い方の個性が素人が見てもダイレクトに伝わるのは監督が違うからだと分かるんだ。

監督が違うと分かるのは戦い方の戦術だ。そして選手起用。ここに勝つことだけに専心している監督に対して邪魔が入るとどうなる。

スポンサーの圧力による選手起用という事で、どれだけつまらない日本代表の試合を見せられ、ファンが離れていったのだろう。

とにかく旬を過ぎた選手を使う事はない。コンディション中心のハリルは、その点においても正しい。

また「自分たちのサッカー」が出来なかったと同じメンツを見せられ苛立つのか。

冗談じゃない。日本人も視聴者もバカじゃない。

西野監督がまたスポンサーのための人選で心中して、最高コンディションの選手を起用しないのなら

本当に日本のサッカーは衰退の道をたどる。

プレイするのは選手だが、勝つ事に戦略戦術専念し、最終統括するのは監督であるべきだ。

たとえ中田くらいの選手であって試合中に客観的な視野をもってチームのリーダーとなれるとしても

それでも本当の客観的なチェック機能や最終責任者としての監督の機能は、やはりプレイ外部でプレイ目前の監督にあるべき。

普段のサッカーを見ない人でもワールドカップの日本代表くらいは見るという人達も実際にいるのだ。私のように。

そういう人達の人心を失うような結果になりかねない今回のハリル解任。

人選と戦術をどうするのか。

あと2ヶ月のワールドカップまで、普段はスポーツに関心のない私でも、投資という観点だけでなく娯楽性を持って注目して行きたい。

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)